角膜移植とアイバンク  
 
  角膜とは  
     
     角膜とは、目の最も前のいわゆる茶目の前にある、透明な膜です。厚さは中央部で約0.5mm、周辺部の白目に近いところで0.7mm程度で、直径は11〜12mmです。
 目に入った光の焦点を合わせるための屈折は、水晶体(レンズ)で行っていると思われがちですが、目の屈折力の多くはこの角膜の部分で行われています。したがって、ごくわずかな変形や混濁が視力には非常に大きく影響してしまいます。
 

 
  角膜の構造  
     
     角膜は約0.5mmの透明な膜ですが、その構造は大きく5層に分けられます。眼の表面から、角膜上皮細胞層:数層の角膜上皮細胞からできている層で、その表面は涙液により保護されています。上皮細胞は、細菌などの付着から眼を守っています。ボーマン(Bowman)膜:角膜上皮細胞層の基底膜となっています。角膜実質層:角膜全体のほぼ95%は、角膜実質層で構築されていて、ほとんどが繊維で形成されていてところどころに実質細胞があります。デスメ(Descemet)膜:角膜の構造の保持に重要な膜で、実質層の内側に位置しています。角膜内皮細胞層:角膜の最も内側にある、一層の細胞層です。蜂の巣の様な六角形構造をしているのが理想です。この細胞はポンプの役割をしていて、眼の中から角膜にしみてくる水分を、再度、眼の中に戻してあげる役割をします。しかし、内皮細胞の機能が衰えてくると、角膜中に水分が溜まる状態になります。この病気を水疱性角膜症と呼びますが、現在、我が国で角膜移植を受ける患者さんの中で最も多い疾患です。  

Page Top
  角膜の病気  
     
    角膜移植が必要となる病気は大きく分けて、  
  1) 外因的疾患によるもの:ウイルスの感染や細菌の感染等により透明性を失ってしまうもの。
  2) 遺伝的疾患によるもの:角膜の変成や変形等で、原因が遺伝的なもの。
  3) 外傷によるもの:酸やアルカリによる外傷、火傷、眼を傷つけるような事故、薬物の副作用によるもの、他の眼の手術による影響等があります。

 
  角膜移植とは  
     
     角膜移植とは、角膜が外傷や感染症、遺伝的疾患などにより透明性を失ったり、変成や変形により目のフィルムに当たる網膜に、像を結ぶことができなくなった場合に行われる手術のことです。大きく2通りの方法があります。変成や混濁している箇所が浅い場合には、患者さんの角膜の表層を交換する、表層角膜移植手術を行います。しかし、全体が濁ったり変性を起こしている場合には、全体を入れ替える全層角膜移植手術を行う必要があります。
 

 
  アイバンクとは  
     
     死後(心停止、及び脳死後)、眼球を提供していただき、角膜移植待機患者にあっせんする公的機関をアイバンクといいます。アイバンクは厚生労働大臣の許可により運営が許された「眼球あっせん業」を行う機関で、現在、各都道府県におかれアイバンク活動を行っています。
 

Page Top
  アイバンクに献眼するには  
     
     アイバンクに献眼するためには、万が一の際に、最寄りのアイバンクに連絡をいただければ、アイバンクがすべて対応いたします。ご提供いただくための処置には約1時間程かかります。ご自宅でも、病院でもご提供いただくことができます。  

 
  どのような人が献眼できますか?  
     
     アイバンクにはどなたでも献眼できます。年齢制限もありません。近眼や老眼でも角膜は移植に用いることができますし、網膜などの疾患で眼のご不自由な方でも角膜は充分、移植に用いることができ、視力障害の方が光を取り戻すことができます。ただし、移植を受ける患者さんにり患する可能性のある感染症のある方の場合には、アイバンクの検査の後で移植に用いられない場合もあります。また、眼内の癌や白血病等の方の角膜も移植に用いることはできません。ご不明な点は、アイバンクにお問い合わせ下さい。  

 
  献眼後はどのような状態になりますか?  
     
     ご献眼いただきました際には、処置にあたる眼科医が患者さんに使用するものと同様の義眼を装着させていただくため、全く外見上の変化はありません。
 

Page Top
  あなたができること  

 

   
    アイバンクに献眼登録をする
 
  最寄りのアイバンクに、献眼登録を行うことができます。登録されるとアイバンクから登録証が送られてきますので、携帯して下さい。同時に、一人でも多くのご家族、親類の方に、その決意の程をお話しして下さい。万が一の際には、ご家族は悲嘆に暮れ、なかなかアイバンクのことを思い出せないものです。ご家族からのご連絡をいただくことが、皆様の意思を生かすには必要なのです。
 
アイバンク活動への協力
  皆様の最寄りのアイバンクでも、様々な活動を行っています。皆様のご協力により、その活動が活発化します。ボランティアを募集しているアイバンクもあります。興味のある方は、ぜひ、地元のアイバンクに連絡してみて下さい。
 
寄付
  (公財)日本アイバンク協会・アイバンクは、非営利団体で皆様のご寄付により運営されています。皆様からのご協力をお願いいたします。
 
身近な方に考えて頂く
  角膜も臓器も、提供するか、提供しないかは、皆様個人の意思で行うものです。決して他人から強制されたり、頼まれたりするものではありません。しかし、普段はなかなか考えないものです。万が一の際に急に考えることは難しいものです。一度でもご家族で話し合っていただき、家族の一人ひとりが提供についてどのように考えているか尋ねてみて下さい。資料が必要な場合には、最寄りのアイバンクへお尋ね下さい。

Page Top