理事長挨拶  
 我が国における角膜移植は、諸外国での臨床報告を基にほぼ並行して臨床への導入がなされとともに、昭和25年には中村 康による多数の手術例について日本眼科学会雑誌で報告などがなされた。一方でアイバンクについては、米軍属のSteinbergerらが米国のアイバンクの紹介を行い、我が国でもその必要性が認識され、法整備がなされる以前から眼球銀行が数か所で設立された。こうした社会的、医療界の状況により法整備の必要性への機運がたかまり、昭和33年4月7日 「角膜の移植に関する法律」が当時の中山マサ厚生大臣らを中心に議員立法で成立した。この際の国会審議では萩原 朗東京大学教授、植村 操慶應義塾大学教授、上野正吉東京大学教授(法医学)が参考人として意見を述べた。一方で、法案審議の途中で岩手医科大学において角膜移植がなされ、死体損壊罪についての議論が生じたが、違法性の阻却事由に該当するとしての対応がなされた。法律制定後、法律に則った眼球銀行が慶応大学、順天堂大学などに設立された。「角膜の移植に関する法律」の成立に貢献した桑原安治(慶応大学医学部眼科教授)、水川 孝(大阪大学医学部眼科教授)、中島 章(順天堂大学医学部眼科教授)らが「視力障害者の視力の回復に資するため、献眼及び角膜等移植並びにアイバンク事業の普及推進を図り、国民の保健及び福祉の向上に寄与すること」として財団法人日本眼球銀行協会(事務局:慶應大学医学部眼科学教室)を昭和40年に設立し初代理事長に桑原安治が就任した。その後、昭和51年に水川 孝が理事長に就任し、事務局を大阪大学医学部眼科教室内 財団法人大阪アイバンクに移転した。この間、死体からの腎提供・移植を可能にするために昭和54年「角膜及び腎臓の移植に関する法律」に改訂された。

 昭和58年、理事長に真鍋 禮三(大阪大学医学部眼科教授)が就任し、平成元年に事務局は社団法人日本眼科医会内に移転した。平成2年から協会は特定公益増進法人の認可を得、募金等での免税措置が受けやすくなった。平成9年5月1日 に独立した事務局を千代田区神田小川町2-8に設置した。

 平成9年7月16日 脳死での臓器移植を可能にするために議員立法で「臓器の移植に関する法律 が公布された。協会では「EYE BANK JOURNAL」を発行し、角膜移植の普及、啓発を図ることとした。臓器提供に関するドナーカードの普及が図られる一方で、明確な理由は不明であるが、献眼登録者数の減少と献眼者の減少が生じ、移植待機症例の増加が顕在化した。

 アイバンク活動の質の向上と活性化を目的に平成12年7月にアイバンクスタッフを対象に第1回アイバンクワークショップを開催し、9月にアイバンクサポーター・コーディネーター・メディカルディレクター制度委員会を発足させた。本委員会はその後、平成14年7月にアイバンク認定スタッフ制度およびアイバンク認定サポーター制度に改組され、平成15年1月に第1回アイバンク協会認定スタッフ試験を実施した。同年5月に第1回チーフサポータ講習会を東京で開催し、同年12月に第1回サポーター講習会を埼玉県において開催した。この間平成12年11月9日に事務局を千代田区神田錦町2-2に移転した。理事長に所 敬東京医科歯科大学名誉教授が就任した。

 「日本眼球銀行協会」の名称については理解されにくい等の意見が多くあり、より理解を得やすい名称として「財団法人日本アイバンク協会に平成16年7月1日に改称した。それに併せて同年6月にEye Bankのロゴマークの商標登録を行うとともに、親しみやすいキャラクターマスコットを公募し、「アイちゃんマーク」を同年7月に制定した。

 継続的な事業として角膜移植待機症例の減少を目的に日本眼科学会、日本眼科医会、日本医師会、日本財団などからの支援をうけて活動の整備と強化をはかり、特別事業、啓発DVD「がんばれアイバンク」の作成などを行った。また、角膜移植を中心に我が国の学術的向上を図る目的に企業からの寄付をもとに海外研究助成制度を創設し、毎年、眼科特に角膜の研究者が海外で研究を行うことの支援事業を行ってきている。

 平成18年に「公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律」が制定され、財団法人は公益財団法人または一般財団法人への移行が求められたのを期に、日本アイバンク協会は金井 淳理事長や担当理事の指導のもと、公益財団法人に移行した。

公益財団法人としての公益事業として@アイバンク活動に対する普及啓発事業、Aアイバンクに対する指導、連絡調整、助成事業、B角膜医療に関する研究・教育の助成、とした。その上で協会の組織として理事会、評議員会の整備とともに公認会計士等から成る3名の監事体制とした。また、アイバンク活動に関する法的な問題に対応するために顧問弁護士を委託している。

協会として上記の事業、組織の整備を行うことと併せて各地のアイバンクの公益財団法人への移行に関する助言、指導を行い、多くのアイバンクが公益財団法人に移行した。

 また、アイバンク協会設立50周年記念事業として金井理事長のもと、啓発DVD「ヒ・カ・リの製作と各アイバンクへパーソナルコンピュータの配布などを行い、アイバンク活動の発展と事務作業の効率化、さらには献眼登録事業の見直しの検討(日本財団助成、小口常務理事(慶應大学名誉教授)担当)などを行ってきている。 平成29年6月金井理事長の任期満了により、澤 充・新理事長が選任された
 理事長
  桑原 安治 (昭和40年〜昭和51年)
  水川 孝 (昭和51年〜昭和58年)
  真鍋 禮三 (昭和58年〜平成12年)
  所 敬 (平成12年〜平成22年)
  金井 淳 (平成22年〜平成29年)
  澤 充 (平成29年〜     )
     
  Page Top