理事長挨拶  
 日本アイバンク協会は昭和40年に財団法人日本眼球銀行協会として認可を受け、設立されました。設立の目的は「角膜等の眼球組織の移植(以下「角膜等移植」という。)による視力障害者の視力の回復に資するため、献眼及び角膜等移植並びにアイバンク事業の普及推進を図り、国民の保健及び福祉の向上に寄与すること」であります。その後、財団法人日本アイバンク協会に改称し、平成23年に公益財団法人として認可を受けました。この間、初代理事長の桑原 安治理事長(慶応大学教授)、その後、水川 孝理事長(大阪大学教授)、真鍋 禮三理事長(大阪大学名誉教授)、所 敬理事長(東京医科歯科大学名誉教授)、金井 淳理事長(順天堂大学名誉教授)等の卓越した運営のもと本法人の運営がなされて参りました。 角膜移植は、昭和33年に我国における最初の移植に関する法律「角膜の移植に関する法律」のもとで実施されその後昭和54年「角膜と腎臓の移植に関する法律」、平成9年「臓器の移植に関する法律」、平成21年「臓器の移植に関する法律の一部改正」により、現在は実施されています。この間、アイバンク協会は地域のアイバンクおよびライオンズクラブ、行政組織の理解と支援を得て公平かつ安全な角膜移植の実施に取り組んで参りました。

 角膜疾患による失明からの回復はこうした病態を有する方々にとってクォリティーオブライフの向上に不可欠な問題ですが、他の医療と異なり、ドナーとドナーのご家族の崇高な篤志があって初めて可能となるものです。この機会においてあらためてドナーとドナーのご家族の皆様方に篤く御礼を申し上げます。

 公益財団法人日本アイバンク協会はその設立以来、多くの方々の物心両面にわたる篤志によって運営されてきておりますが、財政問題と献眼数の不足ということを常に抱えてきております。こうした状況ではありますが、これまでの理事長のもと、待機患者の減少を目的にした特別事業、啓発DVD(がんばれアイバンク)の作成、啓発誌の発刊などを行ってきました。さらに、最近においては財団法人の制度変更に伴う公益財団法人への移行を加藤理事の指導のもと、日本アイバンク協会のみならず各地のアイバンクを対象にすすめました。また、アイバンク協会設立50周年記念事業として金井理事長のもと、啓発DVDヒ・カ・リの製作と各アイバンクへパーソナルコンピュータの配布などを行い、アイバンク活動の発展と事務作業の効率化、さらには献眼登録事業の見直しの検討(日本財団助成、小口常務理事(慶應大学名誉教授)担当)などを行い、あらたな50年の緒についた状態と言えます。今後はこれらの事業、活動を踏まえ、世界保健機構のイスタンブール宣言に基づいて、失明者の視力回復のためにアイバンク活動の認知度を高め、かつ国内の様々な組織、個人のご支援を得て次世代に繋がるアイバンク協会の組織としての在り方とその発展に努めて行きたいと考えております。
     
  Page Top