理事長挨拶  

公益財団法人 日本アイバンク協会
理事長 澤 充

 公益財団法人日本アイバンク協会(以下、当協会といいます)は昭和40年に財団法人日本眼球銀行協会として認可を受け、設立されました。設立の目的は「角膜等の眼球組織の移植(以下、角膜等移植といいます。)による視力障がい者の視力の回復に資するため、献眼及び角膜等移植並びにアイバンク事業の普及推進を図り、国民の保健及び福祉の向上に寄与すること」であります。その後、平成16年に財団法人日本アイバンク協会に改称し、平成23年に公益財団法人として認可を受けました。この間、初代理事長の桑原 安治理事長(慶応大学教授)、その後、水川 孝理事長(大阪大学教授)、真鍋 禮三理事長(大阪大学名誉教授)、所 敬理事長(東京医科歯科大学名誉教授)、金井 淳理事長(順天堂大学名誉教授)等の卓越した運営のもと本法人の運営がなされてきております。 
角膜移植は、昭和33年に我国における最初の移植に関する法律「角膜の移植に関する法律」のもとで実施され、その後昭和54年「角膜と腎臓の移植に関する法律」、平成9年「臓器の移植に関する法律」、平成21年「臓器の移植に関する法律の一部改正」により、現在に至っております。この間、当協会は地域のアイバンクおよびライオンズクラブ、行政組織の理解と支援を得て公平かつ安全な角膜移植の実施に取り組んで参りました。
角膜疾患による失明からの回復はこうした病態を有する方々にとってクォリティーオブライフの向上に不可欠な問題ですが、他の医療と異なり、ドナーとドナーのご家族の崇高な篤志があって初めて可能となるものです。この機会においてあらためてドナーとドナーのご家族の皆様方に篤く御礼を申し上げます。
 当協会はその設立以来、多くの方々の物心両面にわたる篤志によって支えられ、以下の認定公益事業を行なっております。
  1. 献眼および角膜等移植並びにアイバンク事業の普及啓発に関する事業
  2. アイバンクに対する指導、連絡調整及び助成に関する事業
  3. 角膜等の医療に関する研究・教育に対する助成等の関する事業

これらの認定公益事業を実施するにあたり令和3年度は12の委員会を設置し、常務理事以下で各々の委員会を分担運営致しております。
認定公益事業(1)に関しての主なものはアイバンク協会設立50周年記念事業として金井前理事長のもと、啓発DVD「ヒ・カ・リ」の制作を行ない、各アイバンク等での啓発活動の際に放映致しております。また、年2回のアイバンクジャーナルの発刊、ポスター(令和3年度は高嶋ちさ子様)の配布を行なっております。 
 さらに認定公益事業(2)とともに各アイバンクへノートパソコンおよびウイルスソフトの配布などを行ない、全国のアイバンク間でのメーリングリストにより「広域あっせん情報システム」と「緊急角膜要請システム」の運用を致しております。「広域あっせん情報システム」はドナーおよびそのご家族の尊いご意思を角膜移植に活かし、移植を必要とする方々に全国にあっせんするシステムであり、また「緊急角膜要請システム」は角膜穿孔など緊急に角膜移植を行わないと失明する方に角膜のあっせんを全国のアイバンクに発信、依頼するシステムです。この2つのシステムにより多くの貴重なドナー角膜が移植にあっせんされるとともに、緊急に角膜移植を受けて失明を免れることができるようになっています。
移植に関する医学的諸問題、アイバンクの運営に関する問題などはアイバンク関係者のためのメーリングリストを別に構築しており、円滑なアイバンク活動の運営を図ることしております。
認定公益事業(3)としては眼科医を対象に移植に関する手技の指導ならびに厚生労働省の後援を得て移植に関するセミナーを実施しております。さらに永年、協会に対する寄付金を基に海外研究助成制度を設け、我国の角膜に関する研究および研究者の支援を行っており、助成を受けた臨床医が大学および医療機関で指導的役割を果たすにいたっています。
一方で令和2年からは新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックにより、個人の生活はもとより社会活動および制度の大きな変革が求められています。献眼活動は本来、人と人との物心両面にわたるコミュニケーションがその基本ですが、物理的な接触は可能な限り控えることが求められています。こうした社会的状況にあってWeb会議システムを構築し、移植に関係する感染症について確立された医学的知見を基にした安全な角膜移植の実施に努めておりますが、今後ともこうした態勢の充実に努めて参ります。
世界保健機構のイスタンブール宣言に基づいて、失明者の視力回復のためにアイバンク活動の認知度を高め、かつ国内の様々な組織、個人のご支援を得て次世代に繋がるアイバンク協会の組織としての在り方とその発展に努めて行きたいと考えておりますので、当協会へのご理解とご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

     
  Page Top